次亜塩素酸水(じあえんそさんすい)の選び方まとめ

次亜塩素酸水

次亜塩素酸水(じあえんそさんすい)という名前が知られ始めたのは1990年代~2000年代前半でした。それから10数年経ち、今ではたくさんの人が使っている便利な商品です。

2000年代には一般の方の中でも特に意識・知識レベルの高い層にしか認知されていなかった次亜塩素酸水が、2013年の年末~2014年年始にかけてTVの影響で一般の方にも広く知られるようになりました。

それに伴い2014年頃から多くの企業がこの分野に進出した為、現在では様々な商品が販売されています。その弊害としてミスリードを誘う記事も多く見受けられるようになってきたので、今回は次亜塩素酸水について取り上げてみたいと思います。

次亜塩素酸水とは

【定 義】

本品は,塩酸又は塩化ナトリウム水溶液を電解することにより得られる,次亜塩素酸を主成分とする水溶液である。本品には,
・ 強酸性次亜塩素酸水(0.2%以下の塩化ナトリウム水溶液を有隔膜電解槽(隔膜で隔てられた陽極及び陰極により構成されたものをいう。)内で電解して,陽極側から得られる水溶液をいう。)
・ 弱酸性次亜塩素酸水(適切な濃度の塩化ナトリウム水溶液を有隔膜電解槽(隔膜で隔てられた陽極及び陰極により構成されたものをいう。)内で電解して、陽極側から得られる水溶液、または、陽極から得られる水溶液に陰極から得られる水溶液を加えてものをいう。)
・ 微酸性次亜塩素酸水(塩酸及び必要に応じ塩化ナトリウム水溶液を加え適切な濃度に調整した水溶液を無隔膜電解槽(隔膜で隔てられていない陽極及び陰極で構成されたものをいう。)内で電解して得られる水溶液をいう。)がある。
含 量
強酸性次亜塩素酸水 本品は,有効塩素 20~60mg/kg を含む。
弱酸性次亜塩素酸水 本品は,有効塩素 10~60mg/kg を含む。
微酸性次亜塩素酸水 本品は,有効塩素 10~80mg/kg を含む。

厚生労働省-次亜塩素酸水より

上の引用は平成14年6月に食品添加物として指定された次亜塩素酸水の厚生労働省による定義です。非常に長い引用分ですので無理に読まなくても大丈夫です。

余談ですが、食品添加物とは保存料、甘味料、着色料、香料等、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるものの事です。食品添加物は体に悪いものの代名詞のように扱われていますがJECFAの算出するADI(一日摂取許容量)以下であれば健康へ影響を与えないといわれています。

では現在皆さんが現在使用している、もしくはこれから購入を検討している商品は『次亜塩素酸水』なのでしょうか?

答えは『ほとんどが次亜塩素酸水ではない』そして『ほとんどが次亜塩素酸水である』です。なぞなぞのような答えですがこれから解説していきます。

食品添加物としての次亜塩素酸水

 

厚生労働省が指定する食品添加物としての次亜塩素酸水の範囲は非常に狭く、実際認められているのはごくごく一部です。それでは例を挙げてみましょう。

◆森永乳業-ピュアスターシリーズ

ピュアスター

非常に有名な企業である森永乳業株式会社が販売するピュアスターシリーズです。例えばピュアスターミュークリーン2は次亜塩素酸濃度10~30ppm、ph5.0~6.5であり、厚生労働省が指定する食品添加物としての『微酸性次亜塩素酸水』に該当し、商品説明においても『食品添加物「微酸性次亜塩素酸水」適合』と記載されています。
>>ピュアスターミュークリーン2-森永乳業株式会社

◆ホシザキ-電解水生成装置WOXシリーズ

ホシザキ-電解水生成装置WOX-40WA

こちらも飲食業に携わる人なら皆が知っている有名企業ホシザキ株式会社のWOXシリーズです。WOX40WAは次亜塩素酸濃度10~60ppm、ph5.0以下となりますので、こちらも厚生労働省が指定する『弱酸性次亜塩素酸水』に該当します。森永乳業と同じく商品説明に適合の旨記載されています。
>>電解水生成装置-WOX40WA(-R)-ホシザキ株式会社

その他、東芝等も食品添加物としての次亜塩素酸水生成装置を販売しています。

あれ?と思われた方が多いと思います。「わたしの使っている〇〇ウォーターは?」「いつも買っている〇〇〇〇は次亜塩素酸水では?」と疑問に思っているのではないでしょうか。

よくミスリードを誘う記事に書いてあるのが、『製造方法による違いによってのみ食品添加物として認められているかどうか』という事です。

現在の次亜塩素酸水の製造方法は大きく分けて2つ、1つは『次亜塩素酸ナトリウムとph調整剤(塩酸、酢酸、炭酸ガス等)を混合する方法』、そしてもう1つは『電解方式(塩酸や塩化ナトリウム水溶液を電気分解して作る方法)』です(その他にもこれらの技術をベースに応用しているものもあり)。

『電解方式』の商品を売りたい(宣伝したい)記事には「厚生労働省は後者のみを食品添加物として認めている」と書き、安全な次亜塩素酸水とは『電解方式』であるという事を執拗にアピールしながらパッキングされた液体商品に誘導するものが多いです。

これは半分は正解であり、半分は間違いです。まず、確かに『厚生労働省が食品添加物として認めた次亜塩素酸水』は電解方式です。しかしながら、電解方式で作られた次亜塩素酸水でもパッキングされて例えばph6前後で90ppm~の濃度で売られているものは食品添加物として厚生労働省が認めた次亜塩素酸水ではありません。

なぜならph6前後の『微酸性次亜塩素酸水』の濃度規定は10~80ppmと定められており、濃度規定をオーバーするからです。例えば200ppmの商品でも家庭で薄めて80ppm以内にすれば食品添加物になると無知な人は考えがちですが、食品添加物の規定とはそんな曖昧なものではありません。食品添加物は人体への影響が考えられるからこそ厳しい規定になっているのです。

なお、「次亜塩素酸水」については、添加物そのものではなく生成装置が主として流通することになることから、成分規格に適合する次亜塩素酸水が生成されることを担保するため、基原物質や隔膜の有無等についても成分規格内で特定しようとするものです。

酸性電解水に関するパブリックコメント平成14年4月-厚生労働省医薬局食品保健部基準課見解より

さらに、上の引用のとおり厚生労働省は電解水生成装置の設置を前提とした指定が想定される為(現在のようにパッキングされた商品が流通するのは想定していない)、例えパッキング時の濃度が80ppm以内であろうとも食品添加物として認めるかは不明です。

わたしが『ほとんどが次亜塩素酸水ではない』と最初に書いたのは『ほとんどの商品は厚生労働省の指定する食品添加物としての次亜塩素酸水ではない』という意味でした。

実際、食品添加物として指定された次亜塩素酸水は森永乳業やホシザキ、東芝等の電解水生成装置から生成されたパッキングされていないもの、もしくは議論の余地はありますがパッキングされていても規定の濃度(弱酸性なら10~60ppm、微酸性なら10~80ppm)を満たしたもののみですので、現在販売されているほとんどの商品は厚生労働省の指定する食品添加物としての次亜塩素酸水ではありません

そもそも食品添加物と認められる製品を作るには、大前提として都道府県知事から『添加物製造業許可』を受けた事業所でなくてはならないのですが、わたしが見た限りではパッキングされた商品を販売している店で添加物製造業を受けた事業所は見当たりません。

長々と説明しましたが、食品添加物としての次亜塩素酸水の現状はこのようになっています。食品添加物として指定された次亜塩素酸水が欲しい人は上に森永乳業とホシザキのページへ飛べるようにリンクしているので詳細はそちらで見てください。

ただ、生成装置は数十万~数百万するものも多く一般家庭や小規模な事業所では手に余ります。そこで登場するのが、10年以上小口のニーズを満たしてきたパッキング商品の出番です。ここからは『食品添加物ではない次亜塩素酸水』(ほぼ全てのパッキングされた次亜塩素酸水)の説明となります。

一般名称としての次亜塩素酸水

 

現在多くの次亜塩素酸系商品が世に出ていますが、ほとんどの商品名や商品説明に『次亜塩素酸水』という名称を見かけます。『食品添加物として厚生労働省に指定された次亜塩素酸水』にはほとんどの商品が当てはまらないのにその名称を使ってもいいのでしょうか。

答えは全く問題ありません。主成分が次亜塩素酸の水溶液ですので例えば『高レベル次亜塩素酸水』でも『高精度次亜塩素酸水』、『複合型次亜塩素酸水』等、好きな名前をつければいいと思います。ただし、『食品添加物として認められた次亜塩素酸水』や『厚生労働省の認可を受けた次亜塩素酸水』、アルカリ性なのに『酸性次亜塩素酸水』などといった虚偽は認められません。

わたしが上述した『ほとんどが次亜塩素酸水である』の意味は主成分が次亜塩素酸であり『混合方式』や『電解方式』で作られた商品が『次亜塩素酸水』という名称をつけても問題ないという事です。『ほとんど』というのはただの水を次亜塩素酸水として販売した業者等がかつて存在したからです。

食品添加物としての次亜塩素酸水に適合した生成装置は高価ですので一般の方は皆パッキングされた次亜塩素酸水を使ってきました。次亜塩素酸水が世に出て十数年間、一般家庭や小規模事業所を除菌や消臭の面から支えてきたのは『食品添加物としての次亜塩素酸水』ではなく『パッキングされた一般名称としての次亜塩素酸水』なのです。

製造方法による安全性や効果の違い

 

それでは次に次亜塩素酸水の製造方法による安全性や効果の違いについて説明します。

何度も同じ事を書きますが現在主流の製造方法は『混合方式』と『電解方式』です。中には変則的な生成方法もありますが、基本はこの2つから派生しています。

この2つの製造方法はある意味お互いに切磋琢磨しながら進化してきたといっても過言ではなく、どちらも非常に素晴らしい技術です。

しかしながら、ここ数年『混合方式』の次亜塩素酸水を執拗に批判し、『電解方式』の次亜塩素酸水を異常に推す、明らかに偏った提灯記事が見受けられるようになってきました(wikipediaも改編されている)。その内容の多くは「『混合方式』の次亜塩素酸水は厚生労働省が指定する食品添加物ではないので危険」というものです。

どのような業種でも新たにその分野に参入した場合は先行している他企業のサービス・商品よりも自企業の方が優位な事をアピールしなければなりません。しかし、その方法は情報弱者である消費者に誤解を与えたり、徒に他企業を批判するものであってはいけないのです。

最近はどの業種もこのような『売れさえすればどうでもいい』や『やったもん勝ち』といった考え方をする企業が増えてきて辟易します(そのような企業は運営をコンサルティング会社に委託しているケースが多い)。

さて、上述したとおり『電解方式』の次亜塩素酸水でも流通しているものはほとんど食品添加物ではありません。それに厚生労働省は『混合方式』の次亜塩素酸水を使ってはいけないとも言っていません。

1. 食品添加物「次亜塩素酸ナトリウム」と食品添加物である「塩酸」又は「クエン酸」等をそれぞれ組み合わせて販売すること及び混合して用いることは差支えない。

厚生労働省医薬食品局平成16年8月25日発令 食安基発 0825001より

『混合方式』のパイオニアでもある株式会社ハセッパー技研は食品に次亜塩素酸水を使用することについて上記の基発を根拠として食品に用いる事が出来るとしています。
>>株式会社ハセッパー技研

しかし、この食安基発には続きがあり、この部分が『混合方式』を批判する材料となっています。

なお、食品添加物「次亜塩素酸ナトリウム」と食品添加物である「塩酸」又は「クエン酸」等をあらかじめ混和した水溶液を販売することは、この当該水溶液中で化学反応が生じていると考えられることから、添加物製剤には該当せず、その販売は認められない

この引用文を読むと、現在販売されている『混合方式』で生成されパック詰めされた次亜塩素酸水は販売自体してはいけないような気がしませんか?しかしそうではありません。添加物製剤には該当せずという部分を読むと分かりますが『食品添加物と表示して販売してはいけない』という事であって販売自体してはいけないという意味ではありません(添加物製剤は食品添加物と同義)。

この部分を殊更に強調し『混合方式』の商品自体を危険と判断させるやり方も定番化しています。通常の読解力がある人には通用しないと思いますが、知識の乏しい人や読解力に難のある人は誤った理解をしてしまう可能性があります。いずれにせよあまり褒められたやり方でないのだけは間違いありません。

それでは安全性や効果についての結論ですが、『混合方式』の次亜塩素酸水も『電解方式』の次亜塩素酸水も問題ありません。特によく販売されている200ppmタイプの『混合方式』の商品においては10年選手もいるくらいで実績(長い期間問題なく販売されている事は非常に重要)も十分です。

あと、よく見るのが『混合方式』は次亜塩素酸ナトリウムや塩酸、酢酸、炭酸ガス等を使用するから危険という文言です。『電解方式』は塩と水がベースなので確かに安全な気がします。でもこれについてもひっかけ問題のようなものなんです。

実は次亜塩素酸ナトリウムは食塩水(塩と水)を電気分解すると生成できます。

食塩水を電気分解→水酸化ナトリウム+次亜塩素酸+塩化水素→水酸化ナトリウムと次亜塩素酸、塩化水素がそれぞれ反応→次亜塩素酸ナトリウム+塩化ナトリウムといった具合です。

皆が安全と思っている塩と水だけで人間を殺す事もできる次亜塩素酸ナトリウムができるというのが化学の妙ですよね。

つまり何を原料としたのかが重要なのではなく、結果的に何が作られたかという事こそが重要だという事です。

例えば次亜塩素酸ナトリウムに炭酸を入れて次亜塩素酸水を作れば危険なイメージがしますが、塩と水を原料にして電気分解し次亜塩素酸ナトリウムを作り、それから炭酸でph調整して次亜塩素酸水を作ると塩と水と炭酸しか使ってない安全なイメージがします。しかし、次亜塩素酸ナトリウムに炭酸を入れてph調整するという過程は変わりません。結果、次亜塩素酸水になるのも変わりません。これが本質です。

最後に、臭素酸という成分の濃度が低くなければ安全ではないと盛んにアピールしている店が数店舗ありました。ある店舗にいたっては原液を10倍以上も薄めたものを分析試料とした(原液で使う場合もあるのだから普通は試料も原液ではないのだろうか)試験表も載せてまで必死にアピールしているのです。

確かに水道水質基準に臭素酸の項目はあるのですが『雑貨』である次亜塩素酸水は水道水質基準と全く関係ありません。当たり前の事ですが水道水のように毎日何リットルも次亜塩素酸水をゴクゴク飲む人はいないですから。例を挙げるなら同じ『雑貨扱い』のアロマオイルや液体のりに臭素酸の基準を当てはめる意味がありますか?あるわけないですよね。

そもそも飲みもしない次亜塩素酸水の僅かな臭素酸を気にする人は外食なんて絶対できません。飲食業に携わる人間なら皆が知っていると思いますが、食中毒対策の基本は今でもアルコールと次亜塩素酸ナトリウムです。食器やまな板、ふきん等は次亜塩素酸ナトリウムで漂白・消毒するので食品やテーブル等には基準値オーバーの臭素酸がいっぱいです(臭素酸は次亜塩素酸ナトリウムに含まれる不純物が原因)。

家庭でもキッチンハイター、洗濯の漂白剤、哺乳瓶の消毒に使われるミルトン(これなどは赤ちゃんが直接飲むミルクにも触れる)等、水道水の基準以上の臭素酸が含まれるものは数えきれないくらいあります。

まあ安全性や効果については、生成装置を販売しているメーカーがそれぞれ検査していると思われるので『混合方式』『電解方式』ともに問題ないでしょう。

次亜塩素酸水の使い方

 

それでは次は次亜塩素酸水の使い方の説明に入ります。

まず大前提として次亜塩素酸水は医薬品や医薬部外品、動物用医薬品ではなく『雑貨扱い』となりますので、人体やペットの体に直接使用する場合は自己責任となりますので注意してください。店側がすすめるなどはもってのほかです。これは薬事法違反となります(平成26年11月25日からは医薬品医療機器等法『薬機法』)。もちろん消毒や殺菌、滅菌等の文言を使うのは論外です。
>>除菌、殺菌、消毒と医薬品(医薬部外品)

次亜塩素酸水の使い方を覚えるのは簡単で、次亜塩素酸水は汚れ等有機物に弱いという事だけ覚えておけば問題ありません。汚れ等の有機物が対象物に付着していると次亜塩素酸水は有機物に反応してしまい肝心の対象物を除菌する前に分解してしまうのです。

除菌、消臭したい対象物は汚れをよく落とした後に次亜塩素酸水で除菌するというのが基本であり、これが全てです。1点注意事項ですが、次亜塩素酸水をスプレーして数秒で拭き取る人が多いようですがこれはさすがに早すぎます。試験管内ならともかく生活環境下ではやはり数分置いた後拭き取り、可能ならば最後にすすいだり、水拭きが望ましいです。

それ以外の細かい使い方についてはたくさんのサイトに載っていると思いますのでそちらをご覧ください。本当に幅広い用途で使えるので便利ですよ。

次亜塩素酸水の選び方

 

最後は次亜塩素酸水の選び方について書きたいと思います。

最良の次亜塩素酸水は・・・自分が気に入った次亜塩素酸水です。『混合方式』、『電解方式』のどちらでも構いません。ここまで読んでくれた人ならもうわたしと同じ考え方になっていると思います。どの製造方法も研究・技術者が知恵を絞り出し、より良いものをと苦労して創りだした素晴らしいものですから。

わたしも数多くの次亜塩素酸水を見てきましたが今現在ネットで購入できる商品にそれほど悪いものはありません(次亜塩素酸水は消費期限の短い商品なので製造年月日だけは印字してある店を選ぶ事)。この商品でなければ駄目というのはないので気にいった商品を選べばいいと思います。

ただし使い方の項にも書きましたが次亜塩素酸水は『雑貨扱い』であり『医薬品・医薬部外品・化粧品・動物用医薬品』ではないので人体への使用をすすめるような店には注意が必要です(例.医薬品・医薬部外品である洗口液や口中清涼剤、なおかつ食品ではない『雑貨扱いの次亜塩素酸水』でうがいを推奨する行為)。

「医師や歯科医師が医薬品や医薬部外品ではない次亜塩素酸水でうがいをすすめるのはOKなのか?」という声が聞こえそうですが、医師には医学的な専門知識や技能、経験に基づき、自らの責任において最善と判断した医療行為を自由に行う事ができる裁量権があるので問題なしです(もちろんインフォームドコンセントによる対話と患者の自己決定は必須)。

それと時折非常に高い濃度の次亜塩素酸水が売られているのが気にかかります。確かに高濃度のものを作る事自体は可能(今まで見た中で最高の濃度は3000ppm)ですが、数週間は高い濃度を保てていても、安定性が悪いのか短期間で失活化してしまったり人体への危険性が危惧されるので『混合方式』『電解方式』ともに安定性が高く実績のある200ppm程度で生成するのがこれまでの基本でした(電解方式はもっと低い)。

電解次亜塩素酸水でも歯科医院の治療に使われているものや自宅で作るタイプ(これらは電解次亜水と呼ばれる事の方が多い)は400ppmや500ppmのものもありますが、phが7.5~9.5程度のアルカリ性で、ある意味全然違うものです(phがアルカリ性に傾くと次亜塩素酸が減少し、次亜塩素酸イオンが増えるので殺菌力は低下するが洗浄力は上がる。口腔内でバイオフィルムを溶かしながら殺菌するには有効なのかもしれない)。微~弱酸性域で超高濃度の電解次亜塩素酸水・・・濃度の面で優位性を築く為に安定性を無視して生成していなければいいのですが。

個人的には長きに亘り実績のある200ppmタイプのものがおすすめです。高濃度の商品は原材料が安価な事もあり安く販売しているものが多いですが、価格面だけをみて安全性を蔑ろにしたのでは本末転倒です。安物買いの銭失いにならないように気をつけましょう。

もし最新の技術で製造可能になっているのならおそらく特許をとっている事と思いますので特許番号を店に聞いてみてもいいかもしれませんね。特許をとっていれば真似をされる事はありませんのでよほど後ろめたい事がなければ教えてくれるでしょう。もしくは特許情報プラットフォームにて検索してみてもいいかもしれません(企業名や代表名、『次亜塩素酸水』等で検索)。
>>特許情報プラットフォーム

(追加記述)
この記事を公開してから数週間後に特許と記載し次亜塩素酸水を販売していた数社の商品説明から特許の文字が消えていました。自社で特許を取得していない企業が取得していると偽って消費者にアピールする事は常態化していますので注意してください。

ただし、『特許を取っている=他にない素晴らしい技術』と勘違いしている人も多いですが、『特許を取っている=その方法を真似してはいけない』というだけの事です。例えば特開2005-034651発明名称『就寝時に素敵な夢を見る支援システム』や特開平09-234291発明名称『千手招き猫』等は発明者からすると素晴らしい技術なのでしょうがわたしからすると何の価値もないように思えます。特許の多くはそういうものです。

>>面白い特許出願(B級特許)の紹介

さて閑話休題。非常に長くなりましたが、以上で次亜塩素酸水のまとめは終わりです。気にいる商品が見つかればいいですね。良い次亜塩素酸水ライフを。

LINEで送る
Pocket



スポンサードリンク