ピューラックス-消毒剤-

ピューラックス

商品の特徴

ピューラックスは次亜塩素酸ナトリウム6%を成分とする医薬品の殺菌消毒剤です(ピューラックス-10は10%)。

医薬品ですので、「消毒」「殺菌」を謳う事もでき、キッチンハイターなどとは違い(後述します)、医薬品ならではの徹底した製造管理、品質管理により成分が安定しており、信頼性が高いのが特徴です。

>>除菌、殺菌、消毒と医薬品(医薬部外品)

残留性の高さやトリハロメタンを生成してしまう事による安全性の問題や金属腐食性の高さ、強い漂白作用など注意点は数多くありますが、厚生労働省はノロウイルスなどの消毒に次亜塩素酸ナトリウムを推奨しています。

アルコール消毒剤や塩化ベンザルコニウムの効果が期待できないノロウイルスやロタウイルスなどのエンベロープを持たないウイルスには有効ですが、細菌芽胞に対する殺菌効果は弱く、結核菌に対する殺菌効果は不確実です。

ハイターなどの雑貨品とは違い、次亜塩素酸ナトリウムの濃度安定の為に水酸化ナトリウムを添加していないので使用期限は製造日から1年となっています。

ウイルスや細菌の消毒に重要なのは薬剤の濃度管理ですので、必ず使用期限は守ってください。

使用用途・使い方

飲用水、飲食器具、食品製造器具、医療器具、水泳プール、浴槽・浴室、便所、便器などの消毒や感染者の汚染された衣類の漂白を兼ねた消毒などに使えます。

金属類は錆びますので使用を避けるか、成分が残留しないように念入りに水洗いしなければいけません。
※金属類や脱色しては困るものには
>>アビィ除菌消臭水説明ページへ

用途に応じて希釈率が違いますので、用法・用量を確認し、適切な濃度で使用する必要があります。

飲用水の消毒

水量に対して遊離残留塩素を0.1mg/L(結合残留塩素の場合は0.4mg/L)以上保持するよう投入、注入、滴下して消毒殺菌します。

※具体的には消毒しようとする水質によって異なりますが、目安としては水量1000Lに対して、本剤を約17mLを投入、注入、滴下し、残留する塩素濃度を測定確認し、本剤の量を増減してください。

飲食器具の消毒、食品製造器具の消毒

対象物を洗浄、水洗いした後、本剤の300倍液(水1Lに対して本剤約3.3mL)数分間浸して消毒殺菌します。

医療器具の消毒

対象物を洗浄、水洗いした後、本剤の300倍液(水1Lに対して本剤約3.3mL)数分間浸して消毒殺菌します。

病院のシーツ、包帯、白衣、おしめ等の漂白を兼ねた消毒

本剤の100倍~200倍液(水1Lに対して本剤約10mL~約5mL)へ浸して漂白、消毒殺菌します。

水泳プールの消毒

プールの水量を測定し、残留塩素を0.4mg/L以上保持するよう投入、注入、滴下して消毒殺菌します。
※具体的には消毒しようとする水質によって異なりますが、目安としては水量1000Lに対し、本剤約17mLを投入、注入、滴下し、残留する塩素濃度を測定確認し、本剤の量を増減してください。

浴槽・浴室等の消毒

本剤の300倍液(水1Lに対して本剤約3.3mL)にて消毒殺菌します。

便所、便器の消毒

本剤の25倍液~300倍液(水1Lに対して本剤約40mL~約3.3mL)にて洗浄もしくは拭いて消毒殺菌します。

希釈倍率表

ピューラックス希釈表

ノロウイルス感染者の嘔吐物・排泄物の処理

床や壁などの嘔吐物・排泄物を除去した後、本剤の60倍液(水1Lに対して本剤約16.9mL)で浸すように拭き、約10分後に水拭きします。
※嘔吐物や排泄物の飛沫が飛び散っているので、必ず汚染場所の中心から半径2mは消毒すること

嘔吐物や排泄物の除去に使用したティッシュペーパーペーパータオルなどを入れたポリ袋にも60倍液を十分に注ぎ廃棄してください。

ノロウイルス対策時の希釈倍率は嘔吐物・排泄物の処理は60倍液(1000ppm)、それ以外は300倍液(200ppm)と覚えましょう。

ノロウイルス対策時のピューラックス希釈表

注意点

※人体には使用しないでください。

※酸性の製品や、その他の製品と混合・併用すると猛毒の塩素ガスを発生する可能性があるので絶対にやめましょう。

※鉄、ブリキ、銅などの大部分の金属類は錆びるので使用を避けた方がいいです。

※強い漂白力があるので、衣類などに付着すると脱色しますので注意が必要です。

噴霧での使用はしないでください。
(スプレーボトルなどに入れて噴霧している人がいますが、希釈して用いても液はph9~10程度のアルカリ性です。目に入ると最悪失明する事もありますので絶対に噴霧使用はやめましょう)

※作り置きをすると、すぐに効果が無くなってしまうので使用の都度適切な濃度に希釈してください。

ハイターやミルトンとの違い

衛生セミナーなどでよく『キッチンハイターとピューラックスはどこが違うのですか?』と聞かれることがあります。

ピューラックスとミルトンの違いはほぼ次亜塩素酸ナトリウムの濃度だけ(ピューラックス6%、ミルトン1.1%)ですが、キッチンハイターとピューラックス&ミルトンはかなり違います。

第2類医薬品であるピューラックスやミルトンは一般的に低食塩次亜塩素酸ナトリウムと呼ばれるもので生成にコストや手間がかかりますが、不純物が少なく純度も高い為、安定性・安全性に優れています。

一方、雑貨扱いであるハイターは製造時こそ次亜塩素酸ナトリウム6%ではありますが、不純物が多い為、安定性に乏しく、食塩や水酸化ナトリウムも多いので安全性についても劣ります。

『水酸化ナトリウム(2NaOH)+塩素(Cl2)→次亜塩素酸ナトリウム(NaOCl)+食塩(NaCl)+水(H2O)』

上記が次亜塩素酸ナトリウムができる過程(水酸化ナトリウムに塩素を反応させて作る)ですが、ピューラックスやミルトンはハイターよりもより純度が高くなる方法で製造し、さらに食塩を除去していますので、成分のほとんどは純度の高い次亜塩素酸ナトリウムとなっています。

それに比べてハイターは大雑把に作られており、不純物や次亜塩素酸ナトリウムを安定させるために添加した水酸化ナトリウム(液を強アルカリにする)、多量の食塩などが含まれている上に、界面活性剤を添加しています。

ミルトンの説明に『哺乳瓶に残った薬液は、ミルクと混ざるとごく少量の食塩に分解されます』とありますが、高品質な医薬品であるミルトンだからこそできる事であり、ハイターでは不純物や水酸化ナトリウム、界面活性剤などが残りますので、とてもではないですが赤ちゃんには使えません(しっかり水洗いすれば問題はありません)。

しかしながらピューラックスやミルトンが良くてハイターが悪いというわけではありません。そもそもの目的自体が全く違う製品ですので。

ピューラックスやミルトンといった医薬品は使用期限内ならほぼ濃度を維持できていますが、ハイターは特に期限もない為、今一体どれくらいの次亜塩素酸ナトリウム濃度なのかも定かではありません(おそらく3%以下にはなってはいないと思います)。

ノロウイルス対策で200ppmの次亜塩素酸ナトリウム水溶液を作ろうとしても、医薬品のものなら計算さえ間違えなければほぼ確実に作れますが、ハイターの場合は基準となる濃度自体が定かではないので濃度低下も考慮して希釈する必要があるのです。

慣れた人ならそのあたりも考えて希釈計算していると思われますが、一般の方は素直に医薬品のものを選んだ方が無難です。

レビュー

2014年6月12日に施行される改正薬事法により、医薬品の商品レビューや口コミの表示が禁止となりました。

次亜塩素酸ナトリウムの扱いに慣れた人なら、医薬品のこの商品を使わずにハイターなどを希釈して使えばかなり安く対応できますが、希釈率などが分からない人は用途に応じた用法・用量を記載しているので安心です。

たくさんの注意点があり、使い方を誤れば大変な事になる可能性もありますので、気をつけて使用しましょう。

※ピューラックスSは食品衛生法に基づく食品添加物で、医薬品ではありません。


[商品販売ページ(価格順)]

Yahoo! 楽天市場

健康医療キュレーションサイトの盗用・リライト行為を固く禁じます。
その他のサイト様に関しては参考にしていただくのは問題ありませんが必ず出典元の記載をしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 今さら聞けない消毒液の種類と効果って!? | 保育士コミュニティ より:

    […] スやロタウイルスなどのエンベロープを持たないウイルスには有効ですが、細菌芽胞に対する殺菌効果は弱く、結核菌に対する殺菌効果は不確実です 【引用元:ピューラックス消毒剤】 […]