インフルエンザウイルスと湿度、温度の関係

毎年夏場にはほとんど感染報告がないのに、冬場になると大流行するインフルエンザ

もうご存知の人も多いと思いますが、インフルエンザウイルスの感染には湿度温度と深い関係性があります。

その根拠とされている最も有名な物のひとつが1961年にG.J.Harperらによって発表されたsurvival test with for virusesという論文だといわれています。

>>Airborne micro-organisms: survival tests with four viruses

インフルエンザウイルスと湿度、温度の関係

論文のインフルエンザウイルスと湿度、温度との関係を分かりやすく図にしてみました。

内容をまとめると、実験装置にインフルエンザウイルスを浮遊させ、温度や湿度を変えてウイルス生存率の推移を見てみるというものです。

結果は、温度21~24度で湿度20%に保った時の6時間後生存率は60%に対して、同温度で湿度を50%に保つと生存率は3~5%になりました。

次に温度7~8度で湿度を22~25%に保った時の生存率が63%同温度で湿度を50%以上に保った時の生存率は35~42%という結果でした。

最後は温度を32度、湿度50%で試験をすると6時間後のウイルス生存率は0だったという事です。

この実験結果から温度が高く、湿度が高い環境ではインフルエンザウイルスの生存率が下がるという結論に至ります。

インフルエンザウイルスの生存率には紫外線などの要素も関連性があると考えられていますので、温度と湿度のみで生存率が変わるという事ではありません。

温度に関しては現代の家は品質の良い断熱材や暖房設備により、外気との差が少なくなっていますので、湿度に注視すればいいと思います。

湿度80%の状態で生活するのは現実的に難しいので、過ごしやすくウイルスの生存率も下がる50~60%を目安に、加湿器などを使用してコントロールする事をおすすめします。

>>【加湿器は感染予防に効果大】種類別のメリットとデメリット

この論文も参考になります。

>>Influenza Virus Transmission Is Dependent on Relative Humidity and Temperature

その他インフルエンザ(季節性インフルエンザA型)の感染予防にビタミンDが効果的という研究報告もあります。

>>インフルエンザの感染予防にビタミンDは効果的

LINEで送る
Pocket



スポンサードリンク