ノロウイルス感染予防にアルゴン加工衣を活用

ノロウイルス対策繊維「アルゴン®」
【画像】シキボウ株式会社

毎年冬季に大流行するノロウイルス感染症

食材の扱いや手洗い、除菌・消毒剤の使用等、基本的な感染予防を図るのは当然ですが、最近はそれらの基本にプラスしてどのような事ができるのかが注目されています。
>>感染予防の三原則とは

例えば、ラクトフェリンや乳酸菌が入った食べ物を摂取して体の中から感染を予防する事等が知られています。
>>ラクトフェリンで体の中から感染予防

多くの企業が様々な方法・商品でノロウイルス対策を打ち出していますが、今回は大手繊維メーカーであるシキボウ株式会社のノロウイルス対策繊維「アルゴン®」を使用した商品をおすすめします。

「アルゴン」の特長
【画像】シキボウ株式会社

「アルゴン」にネコカリシウイルス(ノロウイルスは培養細胞で増やす事ができない為性質のよく似ているネコカリシウイルスを代替として使う事が多い)を感作させるとウイルス感染価(試料中に含まれる感染性をもつウイルス量)が低下し、ウイルス捕捉効果が確認されました(機能評価には近畿大学の協力を得ている)。

具体的には、ウマ血清5%を含むネコカリシウイルス液をアルゴン生地に浸透させて室温で10分間置いたものを分析した結果、未加工布との比べてウイルス感染値が半減、ウイルス数も99.4%減少する結果が出ました。

「アルゴン」の特長は上の図のとおり、①ウイルスの捕捉効果②優れた即効性③安全性が高い④洗濯を繰り返しても効果が持続(洗濯50回後の生地でも同等)⑤後加工なので今ある素材に対応可能等が挙げられます。

では、この「アルゴン」を使用した商品ですが、現状はあまり多くありません。

トンボキラクエプロンアルゴン加工

トンボキラク予防衣アルゴン加工
【画像】株式会社トンボ-介護ウェアキラク(KIRAKU)

株式会社トンボが製造している高品質ユニフォームキラク(KIRAKU)シリーズの一部に使われているように介護等の専門分野で活用されているようですが、今後は食品産業、福祉施設、給食衣、寝具などにも広まっていくでしょう。

特に介護施設や児童施設などのように毎年集団感染が起きているような場所では、日頃の基本的な感染予防と併せてプラスαの予防対策として採用してもよいかと思います。
>>【楽天市場】ノロウイルス対策繊維アルゴン加工キラクユニフォーム

>>シキボウ ノロウイルス対策繊維ARGON®

LINEで送る
Pocket



スポンサードリンク